バナー
タイトル
takkとは
よくある質問
利用者さんの声
takkのブログ
地図
よくある質問
Q.デイサービスはどんな人が利用できるのですか?
V字腹筋
A.原則として、介護保険の認定を受けている方が利用できます。要支援・要介護認定を受けていない方はまず介護保険の申請が必要です。

Q.利用料金はいくらになりますか?
A.介護保険を利用して介護サービスを受ける場合、自己負担は利用料金の1割です。認定された介護度によって利用限度がありますので、担当ケアマネージャーにご確認ください。

Q.送迎はありますか?
A.無料で送迎いたします。実際のご利用時はもちろん、体験・見学の際も無料で送迎させて頂きます。
無料送迎の範囲には制限がございます。直接お問い合わせ下さい。

Q.無料体験や見学はできますか?
A.一日無料体験を実施しています。事前に担当ケアマネージャーに相談するか、当施設にお問い合わせください。

Q.休業はいつですか?
みんなで
A.毎週土曜と日曜日、年末年始は休業となっております。祝日とお盆は営業しております。

Q.用事がある場合、送迎の途中で降ろしてもらうことはできますか?
A.原則として、送迎途中の降車はできません。

Q.リハビリの効果はありますか?
A.takkの理学療法士の丁寧な指導のもと、利用者さんはご自身の体のどこをどう鍛えていけばよいのかが分かるので、とても熱心にリハビリに取り組まれます。
takkでは「短期間でよくなった」と喜んでくださる利用者さんがたくさんいらっしゃいます。

Q.よくなると介護保険が使えなくなりますか?
A.とてもよくなれば介護保険は使えなくなります。しかし長い目で見るとご自身の力で身の周りのことができるようになることは、介護保険で面倒を見てもらうこと以上にご家族も楽になるはずです。また、takkでは自費で来所回数を増やしてご利用いただいている方もいます。
介護保険申請のながれ
1.相談する
本人または家族等が地域の「安心すこやかセンター」や「えがおの窓口」に要介護認定の申請をします。

2.要介護認定
認定調査員(区役所もしくは区役所から委託された地域包括支援センターなどの職員)が家庭等を訪問して,本人の心身の状態や日常生活の自立度などを聴き取り調査します。また,主治医に意見書の作成を依頼します。

3.認定・通知
医療・保健・福祉の専門家で構成される「介護認定審査会」において,調査の結果と主治医の意見書をもとに介護の必要性について審査判定を行います。

4.サービス計画作成
「要支援1〜2」と認定された場合には地域包括支援センターに、また、「要介護1〜5」と認定された場合には居宅介護支援事業者に、サービス計画(ケアプラン等)の作成を依頼します。

5.ケアプラン作成
どんなサービスが必要か、ケアマネージャー(介護支援専門員ともいい、利用者の介護に関わる事を調整してくれる人)と相談し、ケアマネージャーがケアプランを作成します。

6.サービス開始
サービス計画に基づいて施設と利用手続きを行い、介護予防サービス(要支援1・2)又は介護サービス(要介護1〜5)が利用できます。 当施設は介護予防サービス、介護サービス共に利用していただけます。
ほっこり